看護補助者研修 感染管理

今回の感染管理研修は針刺し・切創の危険性を理解し、針刺し防止方法を実践につなげることを目的に開催されました。

針刺しの発生状況や職業感染について講義を受けたあと、DVD視聴を行いました。

また針刺しや皮膚粘膜曝露を起こす危険な場面を話し合い、防止対策について考えました。

廃棄物の取り扱いやワクチン接種の重要性、事故後の対応などを再確認でき、有意義な研修となりました。

H28 hojyosya kansen 1  H28 hojyosya kansen 2 

   

集合研修

このページのTOPへ