臨床工学室

臨床工学技士

臨床工学技士とは医師の指示のもと、血液浄化装置、人工呼吸器など、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う医療機器の専門医療職です。
当院では臨床工学技士15名で医師、看護師、その他のコメディカルと協力しながら透析室をはじめ病棟やオペ室で業務に従事しています。

臨床工学技士の業務内容

pic 02

血液浄化業務

血液浄化業務はHD,HDF,CHDF,DHP(エンドトキシン吸着)、血漿吸着(G-CAP,L-CAP)、血漿交換療法(PE,DFPPなど)を行っています。その他、腹水濾過濃縮再静注法や、造血幹細胞採取なども行っています。


pic 03

高気圧酸素治療

当院では第一種高気圧酸素治療装置を使用して、脳外科、整形外科、皮膚科、消化器外科及び内科など様々な疾患に対しての治療を行っています。


pic 04

オペ室業務・ペースメーカ業務

オペ室業務ではシャントPTA(経皮的血管形成術)やペースメーカ埋め込み術などの介助業務を行っています。また、ペースメーカ業務では外来での定期チェックなども行っています。


pic 05

医療機器メンテナンス

医療機器のメンテナンスは透析のコンソールや人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプなど定期的な点検や故障に対しての修理などを行っています。


透析施設のご紹介

透析施設についてはこちらへ


このページのTOPへ