ウェルネスじあい  

 

 現在の医療保険及び介護保険の枠組みでは、その間の隔たりがあり、在宅生活を妨げることがあります。現医療制度では治療を終えると入院継続が困難な状況です。しかしながら、自宅では医療的なフォローが十分にできないことがあり、それが在宅復帰への妨げとなることがしばしばあります。

 そこで、病院近隣で医療上のフォロー可能な環境で生活することにより、最終的に自宅(日常生活)への復帰を目指してリハビリを行う場ととらえています。

 いづろ今村病院の新棟「ウェルネスじあい」は1階から4階までを病院機能、5階から7階をサービス付高齢者向け住宅(27戸)の機能を有しています。

ウェルネス建物中
 病院機能部分には、1階に外来リハビリセンター、2階にIBDセンター、外来化学療法センター、3階に会議室、4階に入院リハビリセンターを配置。上階部分は社会福祉法人慈愛会のフロアとなり、日常の健康管理から、万一の際の救急対応まで、専門的な医療見地に立って入居高齢者のサポートを行う体制が出来ています。

ウェルネスじあい説明

ウェルネスじあいのフロア構成

通所リハビリテーション ウェルネスじあい

理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)をうけることができます。

●理学療法・作業療法

 病気、けが、高齢など何らかの原因で不自由となった、起きる、立つ、歩くなどの動作練習やトイレ・入浴など身の回りの行為の練習を通じて、在宅生活や社会参加を支援します。具体的には筋力トレーニングや様々な動作の練習、福祉用具の検討、住宅改修のアドバイス、外出練習などを行います。

●言語聴覚療法

 失語症や構音傷害などコミュニケーションが少しうまくとりにくい方に言葉の訓練を行ったり、コミュニケーションの手段を一緒に検討していきます。また、飲み込みに問題がある方には評価を行い、飲み込みの訓練やお食事の方法などの検討を行っていきます。

IMG 2947

 

IMG 2948

 

IMG 2950

 

特徴

 通所リハビリで言語聴覚療法を受けられる点が特徴的です。

 また、短時間でリハビリに特化したサービスを提供しています。

 リハビリの目標はご利用者それぞれですが、能力が高く積極的にトレーニングを行いたい方も、体力が低下し負担をかけられない方でも、状態に応じたサービスを、ご本人に納得して頂いた上で提供させていただきます。

リハビリテーション会議について

 当事業所はリハビリテーションマネジメントⅡを算定しています。

 通所リハビリ ウェルネスじあいのご利用者には、ご利用者の状態に応じ、リハビリの目標や進捗状況を確認するための、リハビリテーション会議を行っています。この会議は、利用開始から6ヶ月間は1ヶ月に1回、6ヶ月以降は3ヶ月に1回を目安に、ご利用者・ご家族・担当ケアマネージャー・通所リハスタッフ(医師含む)・関連事業所と一同に介し行うものです。漫然とリハビリを行うのではなく、歩けるようになって出かけたい、家族と話せるようになりたいなど、ご利用者・ご家族の目標を明確にし、効果的なサービスを納得の上で、ご利用して頂くことを目的としています。  

営業日

 月・火・木・金の午前・午後 2コース (水・土・日・祝日はお休みとなっています。)

 営業時間 9:00~16:30 / 定員 30名(2コース合計)

送迎範囲

 いづろ今村病院から概ね5km程度 (※詳細は、ご相談ください。)

利用方法

  介護認定を受けていない方 ・・・ 市町村にお問い合わせ頂き、介護認定を受けてください。

  介護認定を受けている方 ・・・ 担当のケアマネージャーにご相談ください。

利用料金

  介護給付費の算定単位により決定します。 

スタッフ数

 看護師1名(管理者)、理学療法士1名、言語聴覚士1名、介護福祉士2名

 

 通所リハビリテーション ウェルネスじあい  介護保険指定番号「4610119739号」

TEL:099-226-5206  FAX:099-226-5208

 指定訪問リハビリテーション ウェルネスじあい

ご自宅で理学療法(PT)、言語聴覚療法(ST)を受けることができます。

●理学療法

 病気、けが、高齢など何らかの原因で原因で不自由となった、起きる、立つ、歩くなどの動作の改善を通し在宅生活や社会参加を支援します。具体的には筋力トレーニングや様々な動作の練習、福祉用具の検討、住宅改修のアドバイス、外出練習などをおこないます。

●言語聴覚療法

 失語症や構音傷害などコミュニケーションが少しうまく取りにくい方に言葉の訓練を行ったり、コミュニケーションの手段を一緒に検討していきます。また、飲み込みに問題がある方には評価を行い、飲み込みの訓練やお食事の方法などの検討を行っていきます。

特徴

  訪問リハビリで言語聴覚療法を受けられるのが特徴です。

 通所リハビリに通うことが困難な方に対して、ご自宅でリハビリを提供いたします。単純に訓練重視のリハビリを行うのではなく、ご自宅で行うメリットを最大限に活かし、獲得した能力を日常生活で存分に活用していただく働きかけを大事にしています。

 あんなことやこんなことしてみたい!を叶えるお手伝いをさせていただきます。

リハビリテーション会議について

 当事業所はリハビリテーションマネジメントⅡを算定しています。

 訪問リハビリ ウェルネスじあいのご利用者には、ご利用者の状態に応じ、リハビリの目標や進捗状況を確認するための、リハビリテーション会議を行っています。この会議は、利用開始から6ヶ月間は1ヶ月に1回、6ヶ月以降は3ヶ月に1回を目安に、ご利用者・ご家族・担当ケアマネージャー・通所リハスタッフ(医師含む)・関連事業所と一同に介し行うものです。漫然とリハビリを行うのではなく、歩けるようになって出かけたい、家族と話せるようになりたいなど、ご利用者・ご家族の目標を明確にし、効果的なサービスを納得の上で、ご利用して頂くことを目的としています。 

営業日・営業時間

 営業日 月・水・木・土(午前中のみ、祝日・年末年始は休み)

対象地域

 いづろ今村病院から概ね5km(車で30分)以内を基準としています。 ※申し込み時に相談させていただきます。

 訪問時は車で伺いますので、ご自宅の駐車場もしくは近隣の有料駐車場を利用させていただきます。

ご利用いただける方

 要支援、要介護認定を受けている方、医師より訪問リハが必要と診断された方 

 指定訪問リハビリテーション ウェルネスじあい 介護保険指定番号「4610119739号」

TEL:099-226-2600  FAX:099-225-5181

訪問リハビリテーション担当まで

指定居宅支援事業所 ウェルネスじあい

事業所の運営に関する方針 

 (1)要介護者の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じて自立した日常生活を営めるよう相談に応じて必要なサービスが利用できすよう援助を行います。

(2)利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って居宅サービス等が特定の種類又は特定の居宅サービス事業所に不当に偏る事のないよう、公正中立に行います。

(3)関係市町村、地域の保険・医療・福祉サービスとの綿密な連携を図り総合的なサービスの提供に努めます。

サービスの特色等

 ご利用者様が可能な限り在宅での生活を継続できるよう、ご利用者様、ご家族様の想いに沿えるようサービスの提供に努めています。 

営業時間

 平日 : 8時30分~17時30分  / 土曜 : 8時30分~12時30分

 定休日 :日曜・祝日・年末・年始、8/14~15

 

 指定居宅支援事業所 ウェルネスじあい 介護保険指定番号「4670110404号」

TEL:099-226-5207  FAX:099-226-5208

 

はじめてご来院の方へ

  • 受付時間
  • 担当医表
  • お見舞い・面会
  • 交通アクセス
  • 電話.099-226-2600

IBDセンター:潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患(IBD)

大腸検査:大腸がんは早期発見で根治可能です

  • 地域包括ケア
  • セカンドオピニオン外来
  • 地域連携室
  • 夜間緊急サービス
  • ウェルネスじあい

看護部のご案内

採用情報

  • 就職をお考えの方へ
  • 卒後臨床研修のご案内

リレーインタビュー

慈愛会グループ

  • 慈愛会グループ
  • いづろ今村病院
  • 今村総合病院
  • 谷山病院
  • 奄美病院
  • 徳之島病院
  • 高麗町クリニック
  • 慈愛会クリニック
  • 七波クリニック
  • 介護老人保健施設 愛と結の街
  • 鹿児島中央看護専門学校

慈愛会公式Facebook

このページのTOPへ