慈愛会健康管理センター設立のごあいさつ

 2017年10月2日、慈愛会では、いづろ今村病院と今村総合病院の人間ドック部門を統合し「慈愛会健康管理センター」として、いづろ今村病院内で再スタートすることになりました。1971年に開設されました慈愛会の人間ドックは鹿児島県のフロンティアとして、専門科と連携し、がん検診および生活習慣病の早期発見に努めて参りました。このたびの統合により、その機能をいっそう充実させ、ご利用いただいている多くの個人・企業・公的機関の皆様方のさらにお役に立てるよう、『予防に勝る医療なし』をモットーにスタッフ一同取り組んでまいります。どうぞ宜しくお願い申しあげます。

 

公益財団法人慈愛会いづろ今村病院

健康管理センターセンター長 久保田 敬子

院長  鎌田 哲郎

 

当センターの特徴

・常勤担当医は人間ドック学会専門医・指導医が行っております。

・がんの検査・診断は慈愛会の専門医が行ない、さらに腹部超音波検査のダブルチェックは鹿児島県

 消化器がん検診推進機構で行い高い精度管理下で行っております。

・婦人科検診・マンモグラフィー検査が出来ます。

・動脈硬化の評価、骨粗鬆症の評価ができます。

・保健指導可能です。

・発見された疾病は事後管理まで行っており、ご希望の医療機関に紹介いたします。

・基本検査は一部検査を除き、おおむね午前中に診察と結果説明まで終了出来ます。

人間ドック・健診について

人間ドックのご案内

検査項目・料金

脳ドックのご案内

担当医

人間ドックのご案内

これからの人間ドック

今までの人間ドックの役割は、生活習慣病(癌・脳卒中・心筋梗塞など)の予防と早期発見に重点が置かれていました。しかしこれからは、心身共に明るく活力ある生活をしていくためには、私たちの生活の質(QOL=クオリティ・オブ・ライフ)を実り豊かで満足できる生涯づくりのために、自分の健康度をチェックするものです。
脳卒中や心臓病など、ある日突然発症するわけではなく、体重の増加、血糖値、血圧の異常などから静かに進行していきます。とくに、肥満をベースに高血圧・高脂血症・高血糖などからなる状態を「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症)」と呼び、動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中の要因となり危険です。しかし「生活習慣病予備軍」の段階であれば、進行を防ぐことは十分可能です。
1年に一度必ずドックを受け、自分の健康度チェックに心掛けることが大切です。

日帰りドック

多忙な方にとって最良の自動化健診プログラムです。
検査時間を短縮して「宿泊ドック」と同程度の効果をあげることができるプログラムです。

完全予約

健康管理センター

すべての予約が必要です。ご希望日が決まりましたら、なるべく早くお知らせください。予約が決定いたしましたら受診案内を送付させていただきます。
また、予約状況によりご希望日に添えないケースがございます。
毎年6~12月は大変混み合う時期となっておりますので、お早めに申込みをお願い申し上げます。

健診データの保存

健診データは慈愛会のコンピュータシステムで保存されております。
2回目以降の受診時には、前回・前々回等のデータと比較しながらより正確な現在の健康状態をお伝えします。

二次精密検査

当院には精密診断装置(64列マルチスライスCT・MRI・電子内視鏡)を整えております。受診の結果、二次検査・精密検査を要する時や、万一病気が発見され、治療が必要な時にも円滑に対応できます。

検査説明

検査結果は当日に判明し、医師による個人面接でお伝えします。
当日結果が出せない分については後日書面にてお知らせします。

お電話での予約を承ります。

TEL.099-226-5066

【受付時間】 月~金/10時~17時 土曜日/9時~12時

日帰りドック

ご来院 受付・更衣
  問診 
身体検査
検尿
採血
心電図
胸部レントゲン
腹部超音波
眼底検査
胃部X線検査 
(もしくは胃カメラ)
診察 
会計

このページのTOPへ